Laravel5.5のログイン認証周りを弄ってみる その1

Laravel5.5 ログイン認証 Laravel5
この記事は 約3 分で読めます。
PR

Laravel5.5の認証システムは用意されている

まずはサクッとインストールからComposerで

composer create-project laravel/laravel --prefer-dist プロジェクト名(フォルダ名)

サクッとインスト成功 MySQL話を進めますがテスト用DBなどを用意していて下さい。
DBを作るだけでテーブルとかカラムとか作っておく必要はありません
※インストとか設定で悩む方はこちらの記事を参考にして下さい。

インストールが終わったら Artisan(アルチザン)を使ってAuthコマンドを使います。

cd インストールしたフォルダに移動
php artisan make:auth

これ一発でログイン画面やらユーザー登録画面やらパスワード忘れましたみたいな機能一式が全て手に入ります。凄いですね!最近のフレームワークと言う感じがしますね

そしてArtisanでMigrationします。

php artisan migration

これでDBにログイン認証システムに必要なテーブルやカラムが追加されています。

http://yourdomain/public/login にアクセスするとログイン画面を見ることが出来ます。

Laravel5.5

とこんな風にログイン画面が見れるはずです。

http://yourdomain/public/login //ログイン画面

http://yourdomain/public/register // ユーザー登録画面

http://yourdomain/public/password/reset // パスワードリセット画面

ちゃんとこれらのビューが用意されていますし、もちろんしっかり機能します。
ユーザー登録をしてログインしてみると http://yourdomain/public/home のログイン後の画面に遷移されて表示されます。

make:auth によって制作されたファイル

さてここからがLaravel初心者の私には迷いどころでした。
CakePHPではかなりシンプルにフォルダの名前を見たらわかるしSRCのフォルダの中に全部まとまって置いてありました。
何をどうしたい?こうしたいと言う時は取り敢えずControlerを見ればわかるって感じだったのですがLaravelではそうは行きませんでした。

各主要ファイルの場所

コントローラー郡がある場所 app\Http\controllers
ビューテンプレート郡がある場所 resources\views
Migrationデータベース郡がある場所 auth\database
Modelのファイルがある場所 app\user.php

と言う風になってるようです。これ覚えてなきゃフォルダの中で迷子になりますね

それぞれ追加されたファイルはControllersやviewsの中に入ってます。
そしてLaravelはBladeテンプレートシステムを採用しているらしく拡張子は .blade.php にする必要があるようです。

.blade.phpの記述については、また後日勉強してからこのブログで報告したいと思います。

筆者のおすすめ本

PHPフレームワーク Laravel入門

掌田津耶乃 秀和システム 2017-09-16
売り上げランキング : 28148

by ヨメレバ

 

コメント

トップへ戻る