2018年SEO情報 キーワードの検索意図を把握するべし!

コンテンツSEOを勉強してみた SEO対策
この記事は 約5 分で読めます。

でびきんです。こんにちは。今日は記事を書かないでゆっくりしよう!インプットの日にしようと考えて勉強に入ったのですが、SEOってホント要素が沢山あり過ぎるのと、忠実に再現するには、迷わせられる情報も沢山あり、正直ネット上に転がっている情報は混乱している状況にあると思います。

私も混乱しています←おい!

最近、女性に対するマーケティングやSEO関連のKINDLE書籍を買って色々インプットする日を設けて勉強しているので、勉強した事のおさらいや確認の意味も込めて記事にしたいと思います。

以下の情報は私がこの3日間、書籍やPDFやネット検索で勉強した資料の受け売りです(笑

【アクセスアップ対策】フラグが立ってるお宝キーワードを見つけてアクセスを呼び込む方法
アクセスが思うように伸びない、良い記事書いたんだけどなぁ・・・そんな風に悩んでいる方も多いかと思います。 有料のSEOツールを導入していないから、分析の方法も分からない・・・ 何をどうして良いやら・・・実はこれ私も同じでした。 記...
PR

SEOリサーチの手法

まず上位表示したいキーワードを1~3つ程度決めます。※1点でもOK
ブラウザをシークレットモードにして、該当キーワードで検索、上位10サイトのURLをメモします。

上位サイトのチェックポイント

  1. ページ単位の平均文字数を調べる(10ページで平均を出す)※2
  2. ターゲットキーワードがファーストビューに何個表示されているか
  3. ページ単位で関連キーワードとターゲットキーワードの割合を探る ※1

コンテンツSEO特化なのでドメインやサーバーやサイトの表示速度は除外しています。

※1 太陽光がターゲットだとしたら、屋根、日照時間、電気代、発電量などの関連キーワードとターゲットキーワードとの割合を探る
※2 写真素材サイトなら文字数少なく画像多い方が上位表示され、小説サイトなら写真やイラストより文章量が多い方が上位表示される傾向にある

関連キーワードを洗い出す

今やSEOライティングの常套手段となっている手法ですが、サジェストキーワードを把握するのは非常に重要な事です。

サジェストキーワード取得出来るサイトを紹介しておきます。

goodkeyword - Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール
Google.co.jp、Bing、Yahoo! JAPANで検索されている関連キーワード、複合キーワード、サジェストキーワードを調査できるキーワードツールです。SEOやSEM/PPCの検索エンジンマーケティグに役立ちます。アフィリエイト、ブログ、ドロップシッピング、ネットショップ、企業サイトのサイト運営にも。

私がメインで使ってるサジェスト取得サイトです。
Google・Yahoo・Bingのサジェストを同時に拾ってくれます。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
キーワードツール・サジェストでキーワード候補を取得

キーワードの特性を理解する

例えば、江の島 波情報 であれば今日の波がどうなっているか?と言う事がサーファーにとっては、とても重要な事ですから、日付が新しいサイトが重要視され上位に来ると言う特性を持つキーワードです。

その他、特売・セール情報なども時間が勝負になるようなキーワードは更新日時が重要視されているようです。

目的・鮮度・エリア制の3つの要素で構成されている

検索には情報検索と取引検索がある

2018年 流行色 または 2018年 春アニメ などのキーワードは情報収集を目的としたキーワード直帰率が非常に高いとされています。
情報を収集してしまえば、それでユーザーが満足してしまうからです。

脱毛 新宿 サロン または 安室奈美恵 OOOLive チケット 発売日 だと購買目的のユーザーである事がわかります、こう言う検索の事を取引検索と言うそうです。

該当キーワードで検索した際に、リスティング広告が出てくる場合は『取引検索』と判断出来るし、知恵袋や教えて!Gooなどが上位に来る場合は情報検索である傾向が強いと分かります。

検索ユーザーのニーズを満たす

検索するユーザーのニーズは前述したサジェストでも、取引検索なのか、情報検索なのかを調べる事が出来ます、また、キーワードを入力した時点で、Googleマップ付きのページが表示された場合は、交通手段の方法を求めているユーザーが多いと言う事がわかります。

検索ユーザーのニーズを求める事で、導入にしようする文章が変わり離脱率を抑える働きをします。

例えば、渋谷 美容室 でGoogleマップが上部に表示されたら、ユーザーは渋谷駅から近い美容室を探してると言うニーズが見えてきますから、駅から近い店順にオススメの美容室を紹介するとか、渋谷駅から歩いてOO分と言ったアクセス情報を上位に出すと言う工夫が必要になり、導入文章の序盤に書かれていれば『自分が求めている情報だ』と認識して、ページを見てくれます。

キーワードの特性に応じてサジェストを細かくグループ化する

前述したキーワードの特性を調べて、サジェストで出てくる細かいキーワードを属性ごとにまとめてグループを作って、最も最適なコンテンツ作りを目指しましょう

例えば、チャーハンのキーワードだった場合、サジェストが 材料 卵 カニだと材料グループに入ります。
その他のサジェストで、インスタント AEON セブイレ だと買い物で美味しいチャーハンの製品を探していると言う事になります。

上記のサジェストは全てバラバラに並べられているので、それらを適切に分類しキーワードを綺麗に散りばめたコンテンツページを作れば良いと言う事になります。

【アクセスアップ対策】フラグが立ってるお宝キーワードを見つけてアクセスを呼び込む方法
アクセスが思うように伸びない、良い記事書いたんだけどなぁ・・・そんな風に悩んでいる方も多いかと思います。 有料のSEOツールを導入していないから、分析の方法も分からない・・・ 何をどうして良いやら・・・実はこれ私も同じでした。 記...

コメント

トップへ戻る