【アフィリエイトブログ講座】独自ドメインの考え方と取得と設定

レンタルサーバーを契約しよう アフィリエイト
この記事は 約8 分で読めます。

どうも!でびきんです。
稼げる!アフィリエイトブログ講座の連載4話目になります。
本記事では初めてドメインを取得される方とレンタルサーバーを契約されると言う方に向けて独自ドメインの取り方と設定の仕方について説明したいと思います。

既にドメインについて知識がある人はブログ講座のトップに戻って頂いて次の章からお読み下さい。

PR

独自ドメインって何?ドメインとは?

独自ドメインとは一言で言うと『サーバーに割り当てる名前』(IPアドレスに名前を付ける)どう言う事かと言うと、サーバーのアドレスが183.79.135.206だったとします。こんな数字だとコンピューターは理解出来て記憶出来ますが人間には分かりにくいですし、番号を1つ間違えるだけで全然違うサイトに行ってしまう事になります。

独自ドメイン

他にもサーバー移動した場合は当然サーバーのIPアドレスが変わりますが、独自ドメインを取得しておけば新しいサーバーのIPアドレスに設定し直すだけでスムーズなサーバー移動が可能になります。

独自ドメインのメリット

前項でチラッと述べましたが独自ドメインを取得する事は非常に沢山のメリットがあります。

独自ドメインのメリット

  • サーバー移動時にスムーズ
  • ドメインは販売出来る
  • サイト売却時にドメインがあれば簡単に譲渡出来る
  • サイトのブランド化に一役買っている
  • 短いドメインは覚えやすい
  • SEOで有利になる
  • ドメイン年齢は取得して古くなれば成るほどSEOに強くなる

独自ドメインのデメリット

  • お金が掛かる(更新費用)
  • 更新が面倒
  • 初心者は設定の時に戸惑う

サーバー移転出来ない

はっきり言って、私は独自ドメインを使わないならアフィリエイトしない方が良いとすら考えています。
折角アクセスが伸びて来て頑張ってブログを育てたとしても、売却や譲渡や引っ越しが出来ないと言う事になってしまいます。

無料ブログサービスの殆どは、ブログ引っ越しツールと言う機能が備わっていますが、それはあくまで記事と画像の移動だけであり、ドメインまでは移動出来ませんから、無料ブログなら譲渡(売却)する場合なら150万で売れた場合も100万円と値下がりしてしまう事も十分可能性のある話です。

実際、私だったら独自ドメインが無いブログを買うなら、50万以上の価格ダウンで考えてしまうと思います。

ですので、アフィリエイトブログを始めるなら、最初からレンタルサーバーやドメインの初期投資はしておくべきです。

アフィリエイトブログは1000万円で売る事が出来る?!

SEOの要素のひとつに『ドメインパワー』と言うものがあります。
例えば Yahoo.co.jpRakuten.co.jp のドメインは日本人の殆どがそのドメインの名前を知っています。
そして沢山のホームページから、Yahooや楽天のページへリンクが貼られています

この知名度や沢山のリンクが民主投票のような作用をし、SEO的に有利に働きます。

上記のような事は、アフィリエイトブログを売却する時も同じです。

  • ブログの記事の価値
  • ドメインの価値

この2つが揃っていて初めて大きな力を発揮しますし記事だけの価値よりもドメインの価値も付与された状態のものを買い手は欲しがるのです。

この記事に入って売却売却と言っていますが、アフィリエイトブログにどれほどの価値があるのか?と思いますよね。
例えば、売上が毎月50万円出ているようなアフィリエイトブログを売りに出した場合「月間収益の15カ月~20か月分が売却相場」ですから、750万~1000万円近い価格で売りに出す事が出来るのです。

外部サイト: ブログ売却の相場

私は月50万の利益が出るブログが1000万円で売れるなら喜んで売るだろうと思います。
何故なら、1000万円もそのまま運営していてはたして売れるだろうか?と言う疑問がありますし、1000万円に達するまで稼ぎ続けられる保証もないからです。

ドメインも単体で売る事が出来る

アフィリエイトブログが無くても、独自ドメイン単体でも価値を持ちます。
例えば携帯電話の良番号は 090-9999-1234 の様な電話番号は今でも高値で取引されていますよね。

それと同じで、語呂が良いドメイン名や極端に短く覚えやすいドメイン名も高値で売れる可能性が高いのです。

そして、優良サイトからの被リンクが沢山ついているようなドメインも同じくリンクパワーが強いドメインですから、高値で売れます。
例えばGoogleからの評価が高い、go.jpドメインなどの官公庁からの被リンクを貰っているようなドメイン名は非常に高値が付く事があります。

例えば、美容とか医療とか健康に関するブログをこれから始めようとしていた時に、保健省から被リンクを貰っているようなドメインを利用してブログをスタートさせれば、国の重要機関から被リンクを貰っているドメインなのでSEO的に早く上位に表示され、アフィリエイトで良いスタートダッシュが切れるからです。

ドメインが取得出来る業者

では、ドメインはどこで取得出来るのでしょう?
ドメインはレジストラと言う認定を受けた業者がドメインの取引を世界的に許可されている業者を表しています。

日本国内でドメインを購入出来る業者

業者名新規取得価格
ムームードメイン\69~
バリュードメイン\69~
お名前.com\1~
スタードメイン\580~
Doレジ\1,900~
ドメインキング\1,080~
ゴンベエドメイン\1,296~
さくらインターネットさくらインターネット\1,800~
みんなのドメイン※オススメ出来ません\850~
名づけてねっと名づけてねっと\1,200~

※印が付いているオススメ出来ませんの『みんなのドメイン』についてはサーバーダウンが相次ぎアフィリエイトブログの運営に多大な支障をきたす可能性が高いのでオススメしていません。

ドメイン取得で注意するべきチェック項目

ドメイン取得の際に注意したい点が何点かあります。
初めてドメインを取得しようと考えている方は是非参考にして下さい。

ドメイン名に意味があるか?

別にドメイン名に意味なんてなくても問題があるわけではありませんが、一度アクセスして覚えやすかったり特徴が分かり易いドメイン名だったとしたら、ユーザーに覚えて貰い易いと言うメリットがあります。

短いドメイン名 例えば t.co のドメイン名はTwitterのリンクのURLとして利用されています。
通常1文字のドメインなんて、よほどの強力なコネが無い限り取れないものなのですが、さすがTwitterさんと言うべきなのでしょう。

1文字~3文字のドメインには高値が付きます。
GMOのお名前.comのサイトではドメインのオークションが開催されていますが、1文字~3文字までの長さのドメインはプレミアドメインとして特別価格が設定されている事からも、3文字ドメインには価値があります。

3文字ドメインを取得したい場合は、取得可能になったばかりの新しいドメインを発売初日からいくつか候補を決めて置いて取得出来るか?と言う風にチャレンジしてみるしかないでしょう。

ドメイン更新費用に注意

ドメインなんてどこで取得しても同じなら、安い方が良いんじゃないの?と考えがちですが、実はここで落とし穴がありますから要注意です。

上記の項目で一番安いドメイン取得業者はお名前.comです。
しかしながら、ドメインの新規取得時は安くても、その更新費用が高かったりします。
価格的に見て総合的に安いのはムームードメインバリュードメインです。

ムームードメインは『おさいぽ』と言う別のサービスと連携しており、別途おさいぽでポイントを購入してムームードメインでドメインを購入すると言う手順が非常に面倒です。
また余ったポイントは使う事なく終わってしまうと結局高いと言う事になりますし、常に余分ポイントが出てしまうような状態では気分的にも良いものではありません。

そんな事を考えると結局はバリュードメインが一番安いんじゃないの?と言う事になります。
恐らく日本で一番有名なドメイン取得サイトは『お名前.com』ですが価格的にオススメするのはバリュードメインが一番オススメです。

WHOIS情報公開代行が利用出来るか?

初めてドメインを取得しようと言う方は、WHOIS情報公開代行とは?と言う事になると思いますが、これが意外と重要なので必ずチェックしてから業者を選びたい所です。

WHOIS情報公開の例

WHOISとは上記の情報の事です、コマンドプロンプトでドメイン名を入力すれば、あなたの名前と電話番号が出ていると言う事になります。

え?なんで???

と思われるかも知れませんが、WHOISとは、ドメインの持ち主を表示する機能の事です。

このドメインの持ち主はOOOOさんですよ。と示す機能が無ければ、誰がこのドメインの持ち主なのか分からないと言う事になりますよね。
日本の土地や家の名義と同じと言う事です。土地の名義も同様に法務局に問い合わせれば持ち主の住所と氏名を公開してくれます。

WHOIS情報公開代行サービスは、あなたの情報を公開する代わりに管理しているドメイン業者の会社名を表示する事であなたの個人情報を守りますよと言うサービスです。
本名や住所を知られたくない!と言う方には必須のサービスです。

ドメインの種類によってWHOIS代行が出来ないドメインもあるので取得する前には要チェックです、殆どのレジストラでWHOIS代行サービスを行っていますが購入前には再度チェックしておきましょう。

ドメイン取得のまとめ

結局は一番有名な『お名前.com』を私も利用していますが、価格の面でバリュードメインが一番のオススメです。コスト面では更新費用も含めて総合的に安く済みます。

日本一のお名前.comについては登録するとガンガンスパムメールかのような、営業メールが連日届く事になります、酷い日には一日20件以上もメールが届くのでウザイですし、大事な情報のメールまで捨ててしまった!なんて事にもなりかねない状況です。

新規ドメイン取得の契約時にも、デフォルトでレンタルサーバーの契約にチェックマークが付けられて居たり、会わせて別の商品まで買わせるように仕向けられているので、営業色が強過ぎて辟易してしまいますし、気を付けないとマジでレンタルサーバーまで契約させられてしまう事になりますから、初心者は利用しない方が無難です。

コメント

トップへ戻る