ブログにアクセスを集める為のSEOライティングの書き方

Wordpressテーマレイアウト SEO対策
この記事は 約6 分で読めます。

アフィリエイトブログを始めて記事を書いているが全然アクセスが無い。
狙ったキーワードでGoogle検索でヒットしない。

アフィリエイトをやっているのならアクセスが無ければ、『誰にも見られて居ないブログ』と言う事です。

どれだけ説得力のある文章を書いていたって、訪問者がゼロなら商品は売れません。

当然の話ですよね。

検索に強い記事の書き方をマスターすれば、狙ったキーワードで検索流入が増えアフィリエイト商品の購入率もアップします。
ただ思った事を書き連ねているだけではGoogle検索には通用しません。

少しでも効率良く稼ぎたいと思うなら、SEOライティングをマスターする事です。
本投稿ではブログを始めたばかりの初心者の為のSEOライティングを解説しています。

PR

SEOライティングとは?

ターゲットとなる情報サイトを探す

SEOライティングとは、読んで字の如し『SEOに強い文章の書き方』です。

Googleの検索にヒットしやすくする為に検索意図を意識して書くと言う事です。

Googleはユーザーの検索キーワードに対して、ユーザーが見たいページを見せるのがGoogleの役割です。

アフィリエイト山盛りの書き手だけが得をするような文章を書いていたのではGoogleからは嫌われてしまい検索結果も上位に掲載してくれません。

もちろんGoogleと言えども1記事ずつ人間が目視で記事の良し悪しをチェックしているわけではありませんから、Googleのシステムの構造を予測してGoogleが好むだろう記事の書き方をすると言う事がSEOライティングと言う事になります。

記事を書く前にキーワードを選定する

キーワードを選ぶ

キーワードを選ぶ

まず書きたい記事の内容を詳細に考えます。

そして、その記事の大見出し(H1)のタイトルを決めた時点でキーワードとなる単語が出てくると思います。

あらかじめ狙っているキーワードがあるのなら、そのキーワードで検索ボリュームを確認します。

検索ボリュームが100以下ならそのままGoで良いのですが、1000や2000もボリュームがある場合は2語キーワードにしたり3語キーワードにして記事を分割する事を念頭に入れて記事の構成を考えます

キーワードのサジェストをチェックする

100以下のボリュームならライバルが少ない事を意味していますから、3000~5000文字程度の記事を書けば大体10位以内の順位が付くだろう事が予想されます。

1000~2000も検索ボリュームがある場合はGoogleで検索してみるとサジェスト(検索候補)が出てきます

健康 人参のサジェストの例

上記画像は『健康 人参』と言うキーワードで検索した時のサジェストです。

Googleの検索結果に上記画像のような検索候補が出てきているのが分かります。

記事のタイトルを構成する際に、検索候補を考慮してH2のタイトルを作ります。
もちろんタイトルに従って、検索候補の件について言及して行くと言う意味です。

例えば:健康 人参 で記事の構成を作る場合の例(タイトルは適当に考えました)

H1 人参健康法の全てを余すところなく解説してみた

H2 人参は栄養が無い?

H3 加熱すると栄養が無くなるってホント?

H3 人参は生で食べる程、栄養価が高い?

H2 みんなが知らない人参の凄い栄養価

H3 人参にはすごい美肌効果がある

H3 人参の成分について

H3 人参のビタミンaの含有量

H2 人参のすごさまとめ(食べ過ぎ注意)

と言う風に私ならまとめます。

上記サジェストを利用すれば書こうと思う内容についてサジェストが教えてくれるので、サジェストの通りに記事をまとめるだけで良いのです。

そもそもGoogleが良く検索される『検索候補の文字列』を提案してくれていますので、それに基づいて記事を書くだけで、Googleが表示したい内容が記載された記事が優遇される流れは必然です。

更に、H2とH3について注目して頂きたいのですが、H2の下に小見出しとしてH3を設けていますが、これは同類のキーワードに関してはH2の重要度が高いものの下に同類のキーワードの小見出しで区切っていると考えて下さい。

例: 人参の栄養が無い?の話の流れから、H3加熱で栄養が無くなるH3生で食べるについて言及していますが、これらは全て栄養に関する文章として位置付ける事が出来ますので、H2の大見出しからのくだりとして区切ったと言うわけです。

共起語を意識して文章を書く

直帰率改善

検索候補(サジェスト)については良く語られている文献は見かけますが、『共起語』についてはあまり語られているサイトはありません。

しかし、共起語検索ツールなるSEOツールが存在していますのでそれなりの需要があり、稼いでるアフィリエイターは共起語は当たり前に入れ込んでいるのです。

共起語とは

共起語って何か聞きなれない言葉ではありませんか?

そうです、共起語とはSEOで良く使われる言葉なのですが国語でもちゃんと共起語は掲載されています。

共起語とは、キーワードにまつわる頻出単語の事を共起語と呼んでいます

どういう事かと言うと、例えば『サーバー 選び』と言うキーワードの場合の共起語は『メモリ ギガバイト Nginx』など、関連するキーワードの事を指しています。

ですので、先程の『健康 人参』であれば、『食べる 栄養素 食べ方 病気 元気』この辺りが共起語になってるだろう事が予測されます。

具体的には共起語検索ツールで検索して貰うのも良いですが、『健康 人参』で実際に検索してみて1位になってる記事がどのような単語を良く使っているかを観察して共起語と思われるものを意識して文章を書くのが正解です。

更に独自のプラスワンを追加する

ワードプレステーマを選ぶ際のチェックポイント

独自のプラスワンとは、Googleサジェストの結果以外にも、あなたが書こうと考えていた『サジェスト以外のタイトル』を1つ以上設けます

これは権威性や他の記事との差別化の意味を持ちます。

なぜかと言うと、1位を取っている記事はサジェスト以外に1つも2つも独自性のある文節を設けているのなら、他の記事よりGoogle検索結果が上位に挙がって当然ですよね?

意味する所は『どこの記事よりも詳しく書かれている』と言う事が何よりの権威性となるからです。

Googleは抽象的な言葉を嫌う

ドメインは被り物

Googleさんは『あれ』『これ』『それ』と言った抽象的な言葉を嫌います。

私は意外と使ってしまっているのですが、私の文章の悪い部分でもあります。

もちろん、文章の流れを不自然にしてまで、『あれ これ それ』を避ける必要はありませんが、意識して文章を書く事で直接的に伝わり易い文章になります。

また、『あれ これ それ』については人間の頭なら容易にそれらを理解する事が出来ますが、Googleさんがこれらを嫌う訳は機械では『あれ これ それ』が何を指すのか判断出来ないからです。

ですから、極力SEOライティングを意識するなら、抽象的な言葉を使うのを控える事が重用となります。

コメント

トップへ戻る